難しく考えない。着物の着付けではなく着物の着方

難しく考えない。着物の着付けではなく着物の着方

もっと着物を着てみたいけど…着物生活に憧れてるけど…と着物に興味がありながら、ついつい考えすぎてしまって手が出せずにいる人は結構多いのではないかと思います。

実際、着物を着ていると「実は私も着てみたいのだけれど」と声をかけられることがあります。

そしてそういう人に話を聞いてみると、ほとんどの方が着物の着付けを習わないと着物は着られないと思い込んでいます。本当に着付けを習わないと着物を着ることは無理なのでしょうか。

私が日常的に着物を着るようになったのは、ちょっとしたきっかけで知人から普段着着物を譲っていただいたからです。

それまでの自分の手持ちの着物といえば、結婚式や式典などのかしこまった席にこそ相応しい訪問着や色無地などで、美容院で着付けとヘアセットをお願いしていました。

ですから自分で着物を着ることはできませんでしたが、普段家に居る時やちょっとそこまでお出掛けする時に着るウールや紬の着物にまで高いお金は払えません。

そこで、前々から着物の着付けに興味があったこともあり、着付け講習を受けようと決心したのですが、当時は習い事をする時間もなければお金もないという状況でした。

目の前には気負わず着られる着物が数点

自分にないのは誰かに教えてもらう時間とお金。

しばらく悩んで悩んで返した方がいいんじゃないかとまで考え込んだ後に思いついたのは、自己流で着てしまえばいいのでは?という結論でした。

といってもいくらなんでも全てが自己流では自分の望む正統派着物姿にはほど遠い。

ですからまずは基礎をしっかり勉強しようと着物の着付けの本を購入しました。

たまたま別冊七尾の着付けの本が店頭に並んでいたので良く見比べもせず手に取ったのですが、これが大変大当たりでした。

着物を着るということはもっと気楽でいいことなのよと、着崩れしたらその都度直せば良いだけのこと、とにかく着て、着て、何度も着て、数をこなしていくうちに自分にあった着方を身につければ良いものなのよと書いてあったのです。

それまでは着付けてもらう着物しか知らなった私には驚きの内容でしたが、それと同時に肩の力が抜けていったのを覚えています。

そしてそれからしばらく、休日のおうちスタイルは着物にしました。

いくら目が覚めたといってもまだ外へ着ていく勇気はありませんでしたから、家事をしたりごろごろしたりとほぼ部屋着扱いです。それでも着物を着ているというだけで、いつもの家事も楽しくできましたし、いつのまにか背筋が伸びて日常的にも姿勢が少しずつよくなっていきました。

そんな生活をしばらくしていると今度は自然と近所へお買い物位なら着物で行っても…と思うようになり、気が付けば普段着に着物という選択肢が入るようになりました。その日の気分で着物も洋服もどちらでもという感じです。

今日はスカートの気分、というのと同じで今日は着物の気分、と気軽に着物を選ぶわけです。

結局今でも着付け講習は行っていなくて、だけれどやっぱり今でもいつかは着付けを習いたいとは思っています。

あくまで自分に合った着物の着方

私の普段着着物はあくまで自分にあった着物の着方であるだけで、誰にでもあわせられる着物の着付けを知っているわけではないですから。

もし今着物に興味があって、そしてとりあえずは自分が普段に着物を着たいと思っているだけの人がいましたら、難しく考えず、気軽に着るだけ着てみる着物生活を楽しんでみていただけたらなと思っています。

着物を着てみたい、着物に憧れる、だけど着物は敷居が高い。そう思っている方はまずはおうちで自由に着てみてください。自分で楽しむだけなら着物はとても気軽に楽しめるものです。着物の着付けと着物の着方は似ていて全然違うのだと来ているうちに気付けると思います。

着物が自分で着られるようになって

着物が自分で着られるようになって

大学生の頃、成人式・卒業式で振袖・袴を着用し、せっかく日本人に生まれたのだから着物が自分で着られるようになりたいと思うようになりました。

テレビで日本和装で無料の着物着付け教室を知った母に薦められ、通いました。

練習は母の着物を借りてスタートしましたが、着物は自分の体型に合ったものを着るのが重要だということを知り、着物の購入を決意しました。

日本和装のイベントで着物や帯の紹介をしていただき、先生と一緒に最初の1枚を選びました。着物と一言で言ってもいろいろな種類があるので、まずは気軽に着られる「小紋」を選びました。

年齢が若い頃は小物を明るくすることで可愛らしく着られ、年を重ねた頃には落ち着いた小物を合わせることで似合うようになるということで、派手すぎず、年を重ねても着られるように少し渋めのものを選びました。最初の1枚ですので、長く着られるという点を考えて選びました。

そしてこの時に初めて、着物は小物の合わせ方で印象がガラリと変わり、1枚の着物を長く着られるということを知りました。

着物の種類・小物の合わせ方など自分の知らない世界が広がった気がして、着物の値段は高かったのですが、とても楽しい買い物だったと感じています。

そして自分の体型に合った着物を選ぶことで着付けも上達し、襟元も綺麗に着られるようになりました。

着物が自分で着られるようになると、やはり他の着物もほしくなり、その後2回ほど日本和装の教室で着物を購入しました。

そのときも先生に小物のアドバイスを頂いたり、帯の職人さんにアドバイスを頂いて選びました。やはり着物の知識が少ないときには誰かアドバイスしてくれる人が周りにいるといいと思います。

着付け教室が終わる頃には自分で着物を着て外出できる自信もつきました。

今では友人の結婚式には必ず訪問着で出席しています。着物が着られるということで受付のお願いをされることもあり、友人の結婚式の手伝いができる嬉しさも着物のおかげで得ることができたと思っています。

また、着物を着て参加すると会場も華やかになると、友人やそのご家族も喜んでくれたので着付けを習って着物を揃えて本当に良かったと思います。

ただやはり日常で着る機会はあまりなく、洋服とことなり着方がやはり難しいと思うので、着付けを忘れてしまいそうになってしまうのが少し大変です。時々、家で着付けの復習をしていますが、もっと着物が楽しめるようにいろいろな帯の結び方などアレンジ方法を知りたいと思っています。

せっかく日本人なら着物が着られるようになりたい!

そう思って通い始めた着物教室。

今では友人の結婚式に自分で着付けをして、会場が華やかになると喜んでいただいています!