着物が自分で着られるようになって

着物が自分で着られるようになって

大学生の頃、成人式・卒業式で振袖・袴を着用し、せっかく日本人に生まれたのだから着物が自分で着られるようになりたいと思うようになりました。

テレビで日本和装で無料の着物着付け教室を知った母に薦められ、通いました。

練習は母の着物を借りてスタートしましたが、着物は自分の体型に合ったものを着るのが重要だということを知り、着物の購入を決意しました。

日本和装のイベントで着物や帯の紹介をしていただき、先生と一緒に最初の1枚を選びました。着物と一言で言ってもいろいろな種類があるので、まずは気軽に着られる「小紋」を選びました。

年齢が若い頃は小物を明るくすることで可愛らしく着られ、年を重ねた頃には落ち着いた小物を合わせることで似合うようになるということで、派手すぎず、年を重ねても着られるように少し渋めのものを選びました。最初の1枚ですので、長く着られるという点を考えて選びました。

そしてこの時に初めて、着物は小物の合わせ方で印象がガラリと変わり、1枚の着物を長く着られるということを知りました。

着物の種類・小物の合わせ方など自分の知らない世界が広がった気がして、着物の値段は高かったのですが、とても楽しい買い物だったと感じています。

そして自分の体型に合った着物を選ぶことで着付けも上達し、襟元も綺麗に着られるようになりました。

着物が自分で着られるようになると、やはり他の着物もほしくなり、その後2回ほど日本和装の教室で着物を購入しました。

そのときも先生に小物のアドバイスを頂いたり、帯の職人さんにアドバイスを頂いて選びました。やはり着物の知識が少ないときには誰かアドバイスしてくれる人が周りにいるといいと思います。

着付け教室が終わる頃には自分で着物を着て外出できる自信もつきました。

今では友人の結婚式には必ず訪問着で出席しています。着物が着られるということで受付のお願いをされることもあり、友人の結婚式の手伝いができる嬉しさも着物のおかげで得ることができたと思っています。

また、着物を着て参加すると会場も華やかになると、友人やそのご家族も喜んでくれたので着付けを習って着物を揃えて本当に良かったと思います。

ただやはり日常で着る機会はあまりなく、洋服とことなり着方がやはり難しいと思うので、着付けを忘れてしまいそうになってしまうのが少し大変です。時々、家で着付けの復習をしていますが、もっと着物が楽しめるようにいろいろな帯の結び方などアレンジ方法を知りたいと思っています。

せっかく日本人なら着物が着られるようになりたい!

そう思って通い始めた着物教室。

今では友人の結婚式に自分で着付けをして、会場が華やかになると喜んでいただいています!

You Might Also Like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です