初めて猫を飼う際のキャットフードの選び方

初めて猫を飼う際のキャットフードの選び方

一番最初に選ぶべきフードは?簡潔に言いますと、「食べていたフード」です。

ペットショップで購入されたのなら、店員さんにどのフードをあげていたか聞いて、それを与えるのがベストで、ブリーダーさんから購入した場合も同様の事が言えるでしょう。

生活環境が変わるだけでも、猫はストレスを感じてしまうので、さらに食べ物が変わるとなると、体調を崩す原因となります。

本当に「良い」フードとは?

猫の体を構成する物質は、全て食事から得られた物質でできています。

すなわち、猫の体を見れば、そのフードが良いのか悪いのかは、理論上簡単に分かります。

まずは、猫の「被毛」を見て、ツヤがあるか、抜けていないか、乾燥していないか、などから、適切に栄養が取れているかを判断します。

しかし、中には皮膚病や体質など、食事以外の原因で被毛が汚くなる場合がありますので、一概に正しいとは言えません。

逆に言うと、病気だと思っていた被毛の乾燥や脱毛が、実は食事を変更することにより改善することもあります。

最終的には「値段」と「賞味期限」で選べ!?

私自身は、フードは「値段」と「賞味期限」で選びます。

もちろん、原材料を見て考えることもとても大事ですが、残念ながら今の日本では、人間用ですら偽装が可能です。

なので、猫ならなおさら過信は禁物です。

もっともシンプルに考えた場合、良質な原材料を用いてフードを作れば、高価です。

さらに、添加物を入れなければ、賞味期限も早くなります。

参考までに、私の基準だと、値段⇒1Kgあたり2500円以上、賞味期限⇒未開封で3か月以内。(手作りクッキーって、それくらいじゃないですか?)

つまり、スーパーなどで売っているフードは、確かに手頃ですが私は一切手を出していません。

もちろん、それらのフードが悪い、なんて言いませんし、適切に作られているのは間違いないでしょう。

私は高品質で無添加、国産でもイギリス産でも構いませんが、そこだけは譲れません。品質の高いキャットフードは通販サイトで売られている事が多く(参考:キャットフードのランキング)、安価は選ばずにしっかりと品定めするようにしています。

切り替えはゆっくり

最後に、フードを再検討される場合は、フードの切り替えにはゆっくり時間をかけてください。

1度で全て新しいフードにすると、高確率でお腹を壊します。

1週間くらいかけて、1日2割くらい新しいフードを混ぜる感覚で切り替えて下さい。

常勤勤務者とあまり変わらないパート看護師

常勤勤務者とあまり変わらないパート看護師

私は5年間ほど中型病院でパート勤務したことがあります。病棟勤務で、週に4日程度働いていました。準夜勤や深夜勤もしており一見常勤勤務者とはあまり区別がつかない勤務スタイルだったと思います。

病院側の社会保障もしっかりしていて、私のようなパート労働者でも有給休暇あり、厚生年金加入、雇用保険もあって、退職後にはしっかり雇用保険を受給させて頂きました。寸志ですが、毎年2回ボーナスもいただいていました。さすがに退職金はありませんでしたが・・・。

職場での環境は、常勤、非常勤を問わず同じ看護業務をしますので、責任を取る面では非常勤だからといって甘えは許されません。

看護業務は日々患者さんの命に関わる仕事ですから、ストレス面では多少大変かと思います。医療事故を起こさないよういつも気を張って仕事していました。万が一のために医療事故の保険にも入っていました。

医療事故を起こしてしまった場合、裁判にでもなると多額の費用が必要なため、そのための保険です。それに加えて、医療は日進月歩です。日々新しい薬や医療機器が登場します。それに合わせて自分の技術や知識も向上させなければなりません。

病院では定期的に勉強会が開かれ、外部で開かれる勉強会の案内もよく回ってきていました。パート職員といえども積極的に参加しなければいけません。

病棟に新しい機械が導入されても、使えなければ意味が無いし、今まで常識とされていたこともそれが突然覆されることがあるため、新しい概念についていかなくてはいけないからです。

そんな訳で、パート職員といっても常勤者とあまり変わらない忙しさだったように思います。
看護師免許を持っていると、パートでの仕事も見つかりやすいと思います。

ただ、パートだからといって楽かというと、そうではないのが現状なのではないでしょうか。もちろん、勤務する場所や形態によって違うかと思いますが。看護師として仕事する以上、人の命に関わるという自覚を持って働くことが必要になるからです。

パートでも看護するということは同じ

結婚する前、私は20代前半の人が多く、看護師一年目さんが一杯いる病院に就職しました。そこは、マニュアルもとてもしっかりしており、皆がそのマニュアルを順守するような病棟でした。だから、誰に聞いても大きく手技が変わることもなかったので、とてもやりやすかったです。皆、言葉遣いや身なりは気をつけていました。

ところが、結婚してから小さな病院(120床位)でパート(4日/週)をしたら、中途入職者がほとんどでした。新人さんもとても少なくて看護師二年目の人が2人程度でした。

一度は違う病院で働いてきた人が8割を占めるような病棟でしたので、教わっても違う方法が次から次へと出て来てどれを信じてやればいいか分からず困りました。

例えば、CVの消毒等の仕方等です。挙句の果てには、パートである私のことはあんまり良く思っていないようでした。

パートなので、委員会とかにはあまり割り当てられないですし、看護研究とかもしない感じだったので、すぐに帰れないスタッフからしたら嫌な思いをしたんだろうなと思います。

だから、人間関係もギスギスしていました。さらには、言葉づかいがとても悪いスタッフもいました。看護師長も別に注意する感じではなく、スタッフも信用していないようでした。

最低限人としての身なりや言葉遣いくらいきちっとして欲しいと強く思いました。それができて初めて、「患者さまに看護をどのようにしていくかを考えることができる」のではないかと本当に思いました。

医療脱毛クリニックで髭の脱毛を試してみた!

医療脱毛クリニックで髭の脱毛を試してみた!

脱毛クリニックの同じ料金で通い放題というプランにひかれて、ヒゲの医療脱毛を試してみることにしました。初めての脱毛ということで緊張していたのですが、事前にカウンセリングがあったので恐怖感はほとんどなかったですね。

レーザー脱毛の仕組みや起こりうるリスクの内容など、多少事務的な口調ではあったものの分かりやすく説明してもらえたのが大きいです。

事前に調べていった質問にもしっかりとした回答をしてくれたので、信頼感が増しましたね。脱毛の施術時、最初にレーザー照射されたときには少し驚きました。

痛みというほどではありませんが、何かで叩かれたあるいは弾かれたという感じの衝撃があったからです。施術を受けているうちに慣れてきましたが、これまでにない感触なので初めての人は驚くかもしれません。少しずつ出力レベルを上げて脱毛をする形式でしたが、スタッフの方がきちんと確認をとってくれたのでこれ以上はつらいなというラインは超えずに済みました。

なし崩し的に施術を続けるのではなく、毎回しっかりと時間をとって確かめる形なので、引っ込み思案の私でも落ち着いて返答できて良かったと思います。

施術後の肌の感触は悪くありませんでしたが、電気カミソリでヒゲの処理をしたときとそれほど大きな違いは感じませんでした。

2回目・3回目と脱毛を続けていくうちに少し毛が薄くなってきたかな?と思うようになったので、医療脱毛だからといってすごくスピーディーに脱毛できるというわけではないようです。

綺麗な施設とスタッフなので安心

医療脱毛クリニックは完全予約制でした。受け付けもスタッフも美人な人が多くて女性だけだったので安心できました。

初めての医療脱毛で不安だったのですが、スタッフが丁寧な対応でした。始めに医師による診断というか説明を受けました。その後すぐに施術でした。タンクトップを着ていたので服も脱ぐことなく施術が行われました。ベットに寝かされて剃り残しのムダ毛を丁寧に剃ってくれました。

スタッフは女性で話しかけながら施術は行われていきました。光がまぶしいといけないということでサングラスのようなものをかけてくれました。そのあとレーザーをバチバチとあてていきました。初めてということで出力は弱めで行われました。やっている途中も声をかけてくれたので安心できました。片方づつ行われていきました。施術自体は20分ほどで終わりました。レーザーが終わると軟膏を塗ってくれました。

当日はお風呂はだめでシャワーのみでお願いしますと説明があり終わりました。終わった後もいたくないですか?など優しく声をかけていただきました。

レーザー脱毛でしたがそこまで痛みを感じることがなく無事に脱毛出来ました。あれから二週間以上経ちますが、いまのところムダ毛は生えてきていません。医師のもとでするので安心して脱毛することが出来たように思います。値段は両わきで5000円でしたが、納得できる金額でした。

わき毛だけではなくて次はひざ下も脱毛したいと思っています。

難しく考えない。着物の着付けではなく着物の着方

難しく考えない。着物の着付けではなく着物の着方

もっと着物を着てみたいけど…着物生活に憧れてるけど…と着物に興味がありながら、ついつい考えすぎてしまって手が出せずにいる人は結構多いのではないかと思います。

実際、着物を着ていると「実は私も着てみたいのだけれど」と声をかけられることがあります。

そしてそういう人に話を聞いてみると、ほとんどの方が着物の着付けを習わないと着物は着られないと思い込んでいます。本当に着付けを習わないと着物を着ることは無理なのでしょうか。

私が日常的に着物を着るようになったのは、ちょっとしたきっかけで知人から普段着着物を譲っていただいたからです。

それまでの自分の手持ちの着物といえば、結婚式や式典などのかしこまった席にこそ相応しい訪問着や色無地などで、美容院で着付けとヘアセットをお願いしていました。

ですから自分で着物を着ることはできませんでしたが、普段家に居る時やちょっとそこまでお出掛けする時に着るウールや紬の着物にまで高いお金は払えません。

そこで、前々から着物の着付けに興味があったこともあり、着付け講習を受けようと決心したのですが、当時は習い事をする時間もなければお金もないという状況でした。

目の前には気負わず着られる着物が数点

自分にないのは誰かに教えてもらう時間とお金。

しばらく悩んで悩んで返した方がいいんじゃないかとまで考え込んだ後に思いついたのは、自己流で着てしまえばいいのでは?という結論でした。

といってもいくらなんでも全てが自己流では自分の望む正統派着物姿にはほど遠い。

ですからまずは基礎をしっかり勉強しようと着物の着付けの本を購入しました。

たまたま別冊七尾の着付けの本が店頭に並んでいたので良く見比べもせず手に取ったのですが、これが大変大当たりでした。

着物を着るということはもっと気楽でいいことなのよと、着崩れしたらその都度直せば良いだけのこと、とにかく着て、着て、何度も着て、数をこなしていくうちに自分にあった着方を身につければ良いものなのよと書いてあったのです。

それまでは着付けてもらう着物しか知らなった私には驚きの内容でしたが、それと同時に肩の力が抜けていったのを覚えています。

そしてそれからしばらく、休日のおうちスタイルは着物にしました。

いくら目が覚めたといってもまだ外へ着ていく勇気はありませんでしたから、家事をしたりごろごろしたりとほぼ部屋着扱いです。それでも着物を着ているというだけで、いつもの家事も楽しくできましたし、いつのまにか背筋が伸びて日常的にも姿勢が少しずつよくなっていきました。

そんな生活をしばらくしていると今度は自然と近所へお買い物位なら着物で行っても…と思うようになり、気が付けば普段着に着物という選択肢が入るようになりました。その日の気分で着物も洋服もどちらでもという感じです。

今日はスカートの気分、というのと同じで今日は着物の気分、と気軽に着物を選ぶわけです。

結局今でも着付け講習は行っていなくて、だけれどやっぱり今でもいつかは着付けを習いたいとは思っています。

あくまで自分に合った着物の着方

私の普段着着物はあくまで自分にあった着物の着方であるだけで、誰にでもあわせられる着物の着付けを知っているわけではないですから。

もし今着物に興味があって、そしてとりあえずは自分が普段に着物を着たいと思っているだけの人がいましたら、難しく考えず、気軽に着るだけ着てみる着物生活を楽しんでみていただけたらなと思っています。

着物を着てみたい、着物に憧れる、だけど着物は敷居が高い。そう思っている方はまずはおうちで自由に着てみてください。自分で楽しむだけなら着物はとても気軽に楽しめるものです。着物の着付けと着物の着方は似ていて全然違うのだと来ているうちに気付けると思います。

着物が自分で着られるようになって

着物が自分で着られるようになって

大学生の頃、成人式・卒業式で振袖・袴を着用し、せっかく日本人に生まれたのだから着物が自分で着られるようになりたいと思うようになりました。

テレビで日本和装で無料の着物着付け教室を知った母に薦められ、通いました。

練習は母の着物を借りてスタートしましたが、着物は自分の体型に合ったものを着るのが重要だということを知り、着物の購入を決意しました。

日本和装のイベントで着物や帯の紹介をしていただき、先生と一緒に最初の1枚を選びました。着物と一言で言ってもいろいろな種類があるので、まずは気軽に着られる「小紋」を選びました。

年齢が若い頃は小物を明るくすることで可愛らしく着られ、年を重ねた頃には落ち着いた小物を合わせることで似合うようになるということで、派手すぎず、年を重ねても着られるように少し渋めのものを選びました。最初の1枚ですので、長く着られるという点を考えて選びました。

そしてこの時に初めて、着物は小物の合わせ方で印象がガラリと変わり、1枚の着物を長く着られるということを知りました。

着物の種類・小物の合わせ方など自分の知らない世界が広がった気がして、着物の値段は高かったのですが、とても楽しい買い物だったと感じています。

そして自分の体型に合った着物を選ぶことで着付けも上達し、襟元も綺麗に着られるようになりました。

着物が自分で着られるようになると、やはり他の着物もほしくなり、その後2回ほど日本和装の教室で着物を購入しました。

そのときも先生に小物のアドバイスを頂いたり、帯の職人さんにアドバイスを頂いて選びました。やはり着物の知識が少ないときには誰かアドバイスしてくれる人が周りにいるといいと思います。

着付け教室が終わる頃には自分で着物を着て外出できる自信もつきました。

今では友人の結婚式には必ず訪問着で出席しています。着物が着られるということで受付のお願いをされることもあり、友人の結婚式の手伝いができる嬉しさも着物のおかげで得ることができたと思っています。

また、着物を着て参加すると会場も華やかになると、友人やそのご家族も喜んでくれたので着付けを習って着物を揃えて本当に良かったと思います。

ただやはり日常で着る機会はあまりなく、洋服とことなり着方がやはり難しいと思うので、着付けを忘れてしまいそうになってしまうのが少し大変です。時々、家で着付けの復習をしていますが、もっと着物が楽しめるようにいろいろな帯の結び方などアレンジ方法を知りたいと思っています。

せっかく日本人なら着物が着られるようになりたい!

そう思って通い始めた着物教室。

今では友人の結婚式に自分で着付けをして、会場が華やかになると喜んでいただいています!